17年11月11日 | | 4DSculptとは はコメントを受け付けていません。

現在行われている脂肪吸引の技術の中で、最も注目を集めているのが4DSculpt(4Dスカルプもしくは4Dスカルプトと呼ばれる)です。これまでの脂肪吸引と4DSculptの最大の違いは、単に体についている余分な脂肪を落とすだけではなく、より自然で美しいボディラインを作ることができるという点にあります。4DSculptでは、女性の体はよりしなやかなラインに、男性の体はより逞しくギリシア彫刻のような美しい肉体を手に入れることも可能になります。

ボディライン4DSculptでのボディライン作りでは、表層・中層・深層にある脂肪を吸引し、それらを必要な箇所に再注入し、理想的なボディラインを創りあげていきます。そのため、患者の望む体型に合わせて、スリムにも、セクシーにも、筋肉質にもできるので仕上がりの満足度が通常の脂肪吸引よりも高まります。

4DSculptの手術には、通常の脂肪吸引に必要な技術だけでなく、脂肪吸引後の体を更に美しく整えていく為の技術とセンスが必要になります。そのため、4DSculptの執刀を行えるのはしっかりとしたトレーニングを積み、公式ライセンスを取得した医師のみになります。公式ライセンスの認定医によって手術が行われる為、脂肪吸引に対してこれまでちょっと不安だと思っていた人も安心して手術を受けられるところも魅力です。

【参照リンク】大阪心斎橋で安心の脂肪吸引・豊胸なら|湘南美容外科クリニック |


17年11月06日 | | 様々な手術法 はコメントを受け付けていません。

脂肪吸引と一口に言っても、現在では様々な方法があります。昔は注射器で脂肪を少しずつ抜いていく「シリンジ法」が主流でしたが、シリンジ法では一度に吸入できる脂肪の量が少なく、広い範囲で大量の脂肪の吸入が必要なお腹や太ももといった部分の手術には向いていませんでした。そのため、現在ではカニューレと呼ばれる吸引管を挿入して脂肪を吸入する方法が主流になっています。ここではカニューレを使った脂肪吸引の方法を紹介します。

超音波を使って皮下脂肪をやわらかくしてから吸引する方法が「ベイザー脂肪吸引」です。傷口が小さく、手術時間も短縮できるため術後の回復が早いというメリットがあります。従来の脂肪吸引の方法よりも血管や神経を傷つけにくく、出血が少ないため、脂肪吸引に不安なイメージを持っていた人にもお勧めです。

また、最近では切らずに行える脂肪吸引もあります。脂肪を溶解する薬剤を数日おきに注射するだけでの「脂肪溶解注射」や、超音波を当てることによって皮下脂肪の脂肪細胞を破壊していく方法などもあります。

脂肪吸引には様々な方法がありますが、それぞれのメリットもあればデメリットもあります。手術の前に担当医としっかり相談をした上で行うことが望ましいでしょう。次の頁では、様々な手術法のうちの一つ4DSculptについて紹介をします。


17年10月02日 | | 脂肪吸引で悩む人に はコメントを受け付けていません。

いつの間にかお腹や太ももについてしまった脂肪は、一度付いてしまうと運動や食事制限などを頑張ってもなかなか落ちてくれない困りものです。苦しいダイエットをしなくても、できるだけ簡単に脂肪を落としたいと考えている人にうってつけな方法が脂肪吸引です。

脂肪吸引脂肪吸引の技術の中でも、昔からある技術の1つに、手作業で行われるシリンジ法という方法があります。これは注射器によって脂肪を吸引して取り出していく方法で、皮膚を切らずに行えるというメリットがあります。しかし、シリンジ法では一度に吸入できる脂肪の量が少なく、お腹や太ももなどの脂肪が多い箇所の手術には向かないというメリットがあります。そのため現在では、多くの場合カニューレと呼ばれる管を使った脂肪吸引法が採用されています。

カニューレを使った脂肪吸引の方法も、クリニックによって様々な手術が行われており、患者側がどのような手術をしたいか選べる範囲が広がりました。そのため、脂肪吸引を試してみたいと思っている人は、まず脂肪吸引にはどのような種類があるのか、どういった設備のあるクリニックで受ければよいのかなど、事前に情報を集めてしっかり検討してから選ぶことをお勧めします。

当サイトでは、脂肪吸引の様々な手術方法について紹介しています。脂肪吸引を行いたい部位やどのように体を創っていきたいかなどによって適した手術方法も変わってきます。最終的には担当医とよく相談し、納得の上で手術をしてもらうことをお勧めしますが、このサイトが少しでも脂肪吸引をしようか悩んでいる人の参考になればといいと思います。